引越し会社選びについて

引っ越し業者を選び

引っ越しが決まるといろいろやることが多いですので、引っ越し業者を選ぶのも面倒だと思う人も多いかと思います。
多くの人の場合はテレビコマーシャルなどで気になったからというような理由で業者を選んでいるのではないでしょうか。

 

ただし、業者選びにはあるコツがありますし種類もあります。

 

大きく分けますと「大手」か「中小」かです。
大手にも中小にもメリットもあればデメリットもあります。

大手業者

大手業者にお願いするメリットといえば「クオリティの高さ」「安心感の高さ」です。
充実したサービスを提供してくれるともいえます。
例えば大手のアート引越センターサービスを例に挙げますと住所変更を代わりに行なってくれます「ワンストップサービス」というものを提供しています。
引越しをしますと、今まで届いていた各種郵便物の住所変更はもちろんですが、ガス・電気・水道からNHK受信料など多くのサービスの住所を変更しなければいけません。
これを全部代行してくれるというものです。
また梱包材も充実してるところが大手は多いです。
アートなら専用のボックスに割れ物食器を詰めるだけで梱包完了の「エコ楽ボックス」を提供してますし引越しセンターのサカイでは、電気製品梱包はキルティングでしてくれたり、和服の梱包は専用和装ケースも用意してくれます。
もちろん作業員のうでも高いです。

 

「安心」に引っ越しをしたい人におすすめなのが大手引越し業者です。

 

ただデメリットは料金が少し高いということです。

中小業者

中小引越し業者のメリットといえば、やはり「大手に比べて安い」ことです。
私の経験談を話しますと以前、中小引越し業者を利用しましたが、値段の安さに驚きました。

 

見積もり時に最初に提示された金額も大手に比べてかなりお安いなお値段だったのですがまだ決めようか迷っていると伝えましたところ、「即決で契約いただけるなら○円度まで下げられますがいかがでしょうか」と提示された料金は
大手の2分の1以下でした。
安いとは思ってましたがここまで安いとはという感じでした。

 

コストパフォーマンスを一番に考えて引越し業者を利用したいと考えているという人には中小業者がおすすめです。

 

ただデメリットも当然ありましてサービスが大手に比べて充実度していない、作業員の腕にばらつきがあり安心感で劣るといったことがあります。

下見の時に値引き交渉をしよう

引っ越し業者に見積もりをお願いしますと「下見に行ってもよろしいでしょうか」と言われるかと思います。

 

営業マンといえども家に人を入れたくないから断る人もいるかもしれませんが
下見で安くなることはおおいにありますので面倒でもお願いするようにしましょう。
値引き交渉もそうですが電話では正確な荷物量がわかりませんし追加料金を請求されてしまうこともありえます。

 

また下見時のポイントは即決しないことです。
「決めてくださればここまで安くします」と要求されますが一旦保留して全社見積もり出してもらってから落ち着いて考えることです。
そして気になった業者にはもう一度来てもらい値引きの交渉をします。大半のところは交渉に応じてくださいます。

 

サービスと値段などじっくり吟味して、納得してから選ぶことです。ヤマトの引越し