荷物梱包のテクニック

梱包作業は引越しとなるとやらないわけにはいかない作業ですが面倒ですよね。
引越し業者に料金を払えば梱包まで行なってくれますが、なるべくお金をかけずに業者を利用した人はご自分で梱包作業までをすることが必須です。

 

そんなに難しくはないので梱包のテクニックについて紹介します。
まずはなにはともあれ梱包材を入手する必要があります。

 

見積もりを頼めば業者から段ボールは無料でもらえます。この際になるべく多めにもらっておくことがコツです。
ただし量が制限されているところも多いので、足りない分はインターネットなどで買っておくといいですよ。荷物の多い方ですとダンボールの量が足りず直前になって焦るといった場合もあるので
早めに用意しておくことです。

 

また、「プチプチ」「新聞紙」などの緩衝材やガムテも用意した方が良いです。

 

そして梱包材が揃えば梱包スタートです。ここでのポイントは使わないものから梱包を始めることです。手当たり次第になんでも詰めるのではなく引越しまでもう使わないなというものから梱包するのが大切です。
するとだんだん物も少なくなり作業がしやすくなります。

 

例えば冬ならば季節的に着ない夏服や春服などです。荷物を詰め終えたダンボールは部屋の奥から、また重いダンボールを下にして置くようにしましょう。
そして引越しをしたらすぐに必要になるものもあると思います。

 

例えば歯ブラシや石鹸、タオルや下着、洋服などです。段ボールに分かりやすいように書いておくのがいいです。
後はダンボールに番号を振って何番のダンボールには何を入れたをどこかにメモしておくと
引越し先で荷解きをする際に非常に楽です。